メディア本部 映像制作チーム

私たちの
“伝えるチカラ”は、
日本の医療に貢献する。

K.M

中途入社
メディア本部 映像制作チーム

  • 尊敬する人たちと、社会の役に立ちたい。

    芸術系の大学を卒業し、就職先に選んだのはテレビ関係の映像制作会社でした。仕事自体は楽しかったのですが、経験を積むにつれ「より社会的意義のあるコンテンツ制作に関わりたい」と思うように。そんな矢先、仕事で参加した医師の学会が当社へ転職するキッカケになりました。

    心を動かされたのは医療業界で働く人々の志の高さ。「どうしたら世の中に貢献できるか」「日本の医療をより良いものにするには?」その姿勢に感銘を受け、彼らと一緒に社会の役立つ仕事がしたい、と目標が定まりました。

    当社に入社後は、臨床の最前線で活躍する医師と協力し、医師向けの教育動画の制作に携わっています。社会の役に立っているという実感があり、より仕事にやりがいを感じるようになりました。

  • 医療のプロではなく、伝えるプロ。

    私の仕事は、学術的な情報を一度咀嚼して、わかりやすく可視化・デザインしていくこと。教育動画の制作に当たり、多くの医療関係者と接するため、医学辞典を調べたり、最新の業界ニュースを追うなどの勉強は欠かせません。

    しかし、それ以上に大切なのは“伝えるチカラ”。この手技の説明はイラストより実写がいいか。薬の作用機序はどんなアニメーションが必要か。このように試行錯誤を繰り返し、医学情報をわかりやすく伝わるように仕立て直すことに、私の仕事の価値があります。

    医師と協力し、デザインの知識を活かして日本の医療に貢献できる。これは、当社だからできる働き方だと思います。

TIME SCHEDULE

一日の流れ

  • 9:30

    始業。
    制作会社や医師と打ち合わせ。番組で使用するグラフの作成など。

  • 13:00

    休憩時間。
    ランチは家で作ってきたお弁当をデスクで。

  • 14:00

    進捗や、撮影方法などについてチームミーティング。その後、番組編集。

  • 16:30

    社内でのインタビュー撮影準備・撮影。

  • 18:30

    終業